FC2ブログ

プロフィール

A-10

Author:A-10
名前:A-10/不破大輔
お仕事:H漫画家/何でも屋

<過去のお仕事正義超人サイド>
『ソウルクレイドル』
  デモイラスト/その他
『流行り神2』
  背景/アニメ演出
  /アートディレクション
『インフィニットループ』
  原画/アニメ演出
  /アートディレクション
『流行り神3』
  背景/アニメ演出/3D演出
  /アートディレクション
『うたの☆プリンスさまっ』
  UIデザイン(α版まで)
(以上、日本一ソフトウェア様)

<過去のお仕事悪魔超人サイド>
『てこいれぷりんせす!』
  デザイン/原画
  /背景コンセプト
    plopeller様
『Lord of trash』
  漫画単行本
    コアマガジン様
『セカンドノベル』
  背景/一部素材
    テクスト。様

…その他進行中









セカンドノベル 〜彼女の夏、15分の記憶〜

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/15 (Mon) 02:55
6/14日報:遅れは2Pに

寝ずにそのまま原稿。
見開きの面倒くさいカットを半分進めたので
1P分だけ作業した事になるかな。
これで遅れは2P。

4C原稿 変化なし
アルバトロスシンデレラ キャラ詳細到着

---------------------------------------

眠れん!
徹夜自慢する歳でもなし、苦痛なだけじゃわい。
つうわkで眠れぬ夜の最近観た映画感想~ん。
BYファミ通形式。


『重力ピエロ』 8点
原作未読。
結論の「殺人を正当化するに至ったくだり」がとても好き。
CMばんばんうってるけど、広告だけ見てるとなんか
恋愛映画みたい。
ほんとはレイプ、殺人、計画犯罪って内容なのに。
我慢しようと思ったけどラストがあまりにポエジックで泣いた。

『スタートレック』 5点
ここ10年以内の何かしらの映画でで観たことあるような
演出ばっかりに感じて辟易。
本家がパロディ作品『ギャラクシークエスト』のパロをしてどうする!
水道管流しはもう呆れて笑えない。
あの若カークに何故人望があるのかが理解不能。
ミディクロリアン値が高いだけの馬鹿に見える。

『ランボー4』 9点
純粋戦士(生来殺人者)である事はすでに
達観して、世捨て人生活のランボー。
海賊を一瞬で皆殺しにするあたりは、もう一つの
暗黒『グラン・トリノ』な気がした。
意外や意外。ランボーの言ってる事や
行動原理に十分に説得力がある。
(『ブラックホークダウン』なんかよりよっぽど)
不良PMCに対して「人殺しという職業の仁義」を
説くシーンにも感動。げっぷが出るくらい人体欠損が
観られるが、本物の死体映像はどうかと思った。
どっちかって言うとすごく金のかかった
「地獄のブラドック大佐」だったよ。
でも観ながら泣いた。

『グラン・トリノ』 10点
イーストウッド翁の映画はいつもなんだか
悪い意味でなくTV映画っぽく感じる。気安い。
ハリーがそうであったように、人種偏見というよりは
人間嫌いなだけな爺ちゃんが可愛い。
俺もアメ車乗ってて良かったなと思った。
ばあちゃん思い出して泣いた。

『SAW4』 7点
『SAW5』 5点
もう行事だね。SAW5は誰が見てもオチがわかる
内容で、かえって好感が持てた。
で、ファイナルガールは助かったの?どうなの?
全く触れられないまま映画が終わったんだけど。

『バッドボーイズ2バッド』 3点
これ…すごすぎるよ! 頭がおかしくなりそうな進行、
100台近く高速でクラッシュさせておいて
「まぁ幸運にも死人がでなかったから良いものの」
不謹慎死体損壊ギャグ、生きたまま台所で人間解体、
やにわキューバ非難、いやさキューバ「侵攻」
(主人公一応警官なんだけど…突撃銃で正規兵殺しまくり)
あまつさえグアンタナモ肯定。
さすが中古500円DVD。堪能させていただきました。

『落下の王国』 8点
「セル」のターセム監督作。「セル」も超好きなので
(何せ僕は「微笑みデブ」ドノフリオが他人に思えない!)
出来れば小屋に観に行きたかったんだけど、
仕事が詰まってて観にいけなかったんだ。
個人的には9点だけど、人を選ぶ内容だなとは思う。
(黒人戦士の死に様はハッピーツリーフレンズみたい。)
美術関連の方は是非一度観て欲しいです。
内容は、子供向け『エル・トポ』…ってどんなや!
珍しく嫁が気に入った映画なので、趣味は悪く無いと思う。

『トランスアメリカ』 10点
息子の不良ホモの保釈の身請けに、
おかまの主人公は遠路はるばるやってくる。
おかまは手術で女になる直前であり、
息子に自分が『男で父』だと告げられない。
息子はこの『変な女』についていって
新天地でホモ映画の仕事に付きたい。
こうして二人は車でアメリカを横断する旅に出る。
…こんなあらすじなのに、すっごく切ない
大人向けの(当たり前だ!)映画だった。
おかまとかホモとか女装ばっかデビュー当時から
描き続けてきた僕にとって、天国のような映画。
『ブギーナイツ』を観て面白いと思えた方は是非!

てなあたりで
眠くなってきたので寝まするる。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

<< 6/15日報:疲れた~!! | ホーム | 6/13日報:あれ? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。